Company

トップメッセージ

代表取締役会長 三宅 正彦
代表取締役社長 齋藤 匡司

収益基盤の強化により最高益を更新
中期経営計画のもと、
持続的な成長を目指します

 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

 第6期の決算が終了しましたので、当期の業績概況と今後の取り組みについてご報告申し上げます。

 当連結会計年度(2016年3月1日から2017年2月28日まで)は引き続き合理的なオペレーション基盤の構築を進めるとともに、成長戦略としてインターネット販売( E C )の拡大やM&Aなどによるブランドポートフォリオマネジメント及び新規事業の積極的な開発に取り組んでまいりました。他方で不採算ブランド撤退及び店舗閉鎖などの施策を進めたことにより、売上高は1,591億43百万円(前期比95.2%)となりました。

 また、売上総利益率の改善と販管費の削減に取り組むことにより、営業利益は25億41百万円(前期比239.4%)となり、経常利益は39億64百万円(前期比152.9%)となりました。

 その結果、当社グループの親会社株主に帰属する当期純利益は36億79百万円(前期比264.4%)となりました。

 当社グループは、2018年2月期から2022年2月期までの5年間を対象とする中期経営計画を策定しました。引き続き持続的な成長と企業価値の向上を目指してまいります。

 株主の皆さまにおかれましては、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 2017年6月

Reinforce profit by strengthening earnings base
Aiming for sustainable growth under the medium-term management plan

We will report on the outline of business results for the sixth fiscal year, and future measures.

In the six fiscal year (from March 1, 2016 to February 28, 2017), TSI Holdings has continued to establish a reasonable operational foundation, and pursued brand portfolio management by expanding Internet sales (E-Commerce) and M&A, as well as actively developing new businesses as growth strategies. On the other hand, due to the withdrawal of unprofitable brands and the closure of stores, net sales decreased to 159,143 million yen (95.2% Y/Y).

By improving gross profit margin and reducing SG&A expenses, operating income increased to 2,541 million yen (239.4% Y/Y), ordinary income increased to 3,964 million yen (152.9% Y/Y). As a result, net income attributable to owners of parent amounted to ¥ 3,679 million (264.4% Y/Y).

TSI Holdings group formulated a new medium-term management plan covering five years from the fiscal year ended February 2018 to 2022. We will continue to aim for sustainable growth and enhance corporate value.

We look forward to the ongoing support of shareholders.

 JUN 2017